スポンサーリンク

【名古屋ウィメンズマラソン2020】通行止めマップ一覧!規制時間・場所・迂回路情報も

こんにちは!

名古屋ウィメンズマラソン2020が3月8日(日)に開催されますね。

マラソン大会周辺では広い範囲で交通規制が行われる予定です。そのため当日は多くの報道陣や応援の人で渋滞や混雑が予想されるでしょう。

今回は、名古屋ウィメンズマラソン2020の通行止め地図・規制時間・場所や迂回ルートについてリサーチしました。

結論を先にいうと、

  • 通行止め地図:本文中に記載
  • 規制時間:3月8日(日)6:00~16:20
  • 迂回ルート1:国道153号〜22号
  • 迂回ルート2:広域迂回ルートは国道320号〜1号(オススメ)

ということが分かりました。

当日は、大変な混雑が予想されるため、車でのお出かけは控えましょう。万が一周辺へ出かける場合は、本文内の迂回ルート情報を参考にしてみてくださいね^^

それでは、まず通行止め情報から見ていきましょう。

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2020の通行止め・交通規制一覧!時間と場所を地図で解説

マラソン2020大会の開催に伴い、3月8日(日)6:00~16:20の間に交通規制・通行止めが実施される予定です。

当日は、大変な混雑が予想されるため、車でのお出かけは控えましょう。

周辺に行く用事がある方や応援に行かれる方は、混雑に巻き込まれないよう、あらかじめ交通規制の時間帯や場所を把握しておくことをオススメします!

コース付近の通行止めマップ

引用:http://marathon-festival.com/pdf/2020/traffic_control.pdf

  • 青ライン→外周推奨ルート
  • 赤ライン→交通規制区間(マラソンコース)

区間・場所ごとの規制時間

交通規制時間

【注意事項】

  • コース及び・コース周辺の道路では、最長約10時間、車両の通行禁止されます。
  • 名古屋市内では大変な混雑が予想されるため、当日の自動車利用は極力ご遠慮下さい。
  • 歩行者も自転車もコース横断はできません。横断者は歩道橋、地下鉄出入り口などのほか、大会関係者の支持に従って横断して下さい。
  • コース及び会場周辺で無人航空機(ドローン)を飛行させることはできません。

 

詳しい情報を知りたい方は以下にお問い合わせ下さい!

【お問い合わせ先】
マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知実行委員会
TEL:0570-666-410

名古屋ウィメンズマラソン2020通行止め時の回り道・迂回ルートは?

できる限り当日は周辺へ近づかないことをオススメしますが、どうしても用事で近づかなければならない人もいるかと思います。その場合は、うまく迂回路を活用したいですよね。

名古屋ウィメンズマラソン2020のホームページで、迂回路についても記載があったので、ご紹介しますね!

スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン迂回マップ

引用:http://marathon-festival.com/pdf/2020/traffic_control.pdf

交通規制のため、青色と紫色で推奨ルートが記されています。

外周迂回ルートは国道153号〜22号

まずは青色の外周ルート。

こちらはスタート地点の名古屋ドームから、

谷口〜末盛通2〜川原通7〜飯田街道(国道153)〜植田西〜野並〜桜本町1〜呼続〜熱田神宮〜新州崎〜名駅入口〜明道町〜上更〜康生通2〜古城(国道22)〜貴生町西〜楠〜黒川

この区間が外周迂回ルートとなります。

マラソンコースからはかなり近い距離になるため、かなり混雑するかと思われます。

広域迂回ルートは国道320号〜1号

次に紫色で記された広域の迂回ルートです。

こちらは主に国道302号線(名古屋第二環状自動車道の内側)で

上社〜高辻〜鳴海〜千竈通〜六番1丁目〜かの里東〜名古屋西〜大治北インター〜廻間〜清須〜楠〜大森インター南〜引山

このようになります。

こちらのほうが、外周ルートと比較すると車の流れはありそうですが、普段から302号は夕方あたり混雑する傾向にあるので、通るとしても昼間の時間帯がオススメですね。

▼過去の名古屋ウィメンズマラソンの混雑状況

まとめ

この記事では、【名古屋ウィメンズマラソン2020】通行止め地図一覧と迂回ルート、規制時間・場所についてご紹介しました。

  • 通行止め地図:本文中に記載
  • 規制時間:3月8日(日)6:00~16:20
  • 迂回ルート1:国道153号〜22号
  • 迂回ルート2:広域迂回ルートは国道320号〜1号(オススメ)

ということが分かりました。

当日は、大変な混雑が予想されるため、車でのお出かけは控えましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました