スポンサーリンク

【東京マラソン2020】一般参加枠の払い戻しや返金はできる?

2020年3月1日(日)に東京マラソン2020の開催が予定されています。

しかし、新型コロナウイルス感染の影響で、本日2月17日に一般参加枠の取りやめや縮小が検討されています。が決定されました。

今回の大会の一般参加エントリー数は3万7千人。これだけの人数に対してどのように返金対応などをしていくのでしょうか?

今回は、東京マラソン2020の払い戻しや返金方法について実際に「東京マラソン2020一般エントリー窓口」に取材をしてリサーチしました!

結論を先に言うと、

返金についてはまだ詳しく発表されていません。

しかし電話取材では、おそらく

  • 払い戻し、または
  • 来年のマラソン大会参加の権利を獲得

このどちらかの対応が検討されているとのことでした。

詳しくご紹介していきますね!

スポンサーリンク

東京マラソン2020取りやめ時の払い戻しや返金はできる?

2020年3月1日(日)に東京マラソン2020の開催が予定されています。しかし新型コロナウイルス感染の影響により、一般参加枠の取りやめや縮小が検討されています。が決定されました。

多くの方がこのマラソン大会を楽しみにされていたので本当に残念です><

しかし緊急事態とも言える事柄ですので、仕方ありませんね…..

出場者に払い戻しや返金があるのか?について、東京マラソン2020のエントリー規約を調べたのですが、

おそらく返金や払い戻しはあると予想しています。

エントリー規約

エントリー規約の一部抜粋したものがこちら↓

東京マラソン大会2020エントリー引用:https://www.marathon.tokyo/participants/guideline/

まとめると、

  • 積雪
  • 大雨による増水
  • 強風による建物等の損壊の発生
  • 落雷
  • 竜巻
  • コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能
  • 関係当局より中止要請を受けた場合
  • 地震
  • Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)

以上の場合だと、参加料のみ返金されると記載があります。

それ以外の大会中止の場合は返金がされないと記載がありますが、今回のケースだと大会中止理由は「関係当局より中止要請を受けた場合」に含まれる可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

一般参加のエントリー窓口にも問い合わせてみた

一般参加のエントリー窓口へ問い合わせてもみましたが、

  • 払い戻し、または
  • 来年のマラソン大会参加の権利を獲得

現在このどちらかの対応で検討されているとのことでした。

決定され次第東京マラソンの公式ページで発表があるとのことでした。

→ 東京マラソン大会公式ページ

先日の中国在住ランナーへの対応を例に上げると

先日、

約1800人の中国在住のランナーに参加の自粛要請をした場合を例にすると、出場資格を持ちながら出なかった中国在住ランナーに対しては、

  • 来年の大会の出場権を与え
  • 参加料を免除

されることが明らかになっています。

おそらく日本人の一般参加枠についても、返金対応もしくは来年の出場権&参加費免除などで対応されるのではないでしょうか。

【ちなみにマラソンの参加費用はこちら】

  • マラソン:国内16,200円、海外18,200円
  • 10km:国内5,600円、海外6,700円

まとめ

この記事では、東京マラソン2020の取りやめ時の払い戻し・返金や、キャンセル方法についてご紹介しました。

返金についてはまだ詳しく発表されていません。

しかし一般参加のエントリー窓口へ問い合わせた際は

  • 払い戻し、または
  • 来年のマラソン大会参加の権利を獲得

このどちらかの対応が検討されているとおっしゃっていました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました