スポンサーリンク

岩田健太郎をダイヤモンドプリンセス号から追い出したのは誰?動画から考察してみた

岩田健太郎医師がYouTubeに投稿した告発動画が話題になっていますね。

感染症対策のプロである岩田氏は、2020年2月18日にダイヤモンドプリンセス号に入りましたが、1日で追い出されてしまいました。

船内の様子は、アフリカのエボラより、中国のSARSよりも悲惨な状況だったと訴えられています。

そんな状況の中、感染症対策に詳しい岩田氏がなぜ(臨時の)検疫官としての許可を剥奪されてしまったのでしょうか?一体誰が許可を剥奪したのでしょうか?

岩田健太郎氏の告発動画をもとに、岩田氏を1日目にして追い出した人物は誰なのか?を中心に考察していきたいと思います。

結論を先にいうと、

現時点では、岩田氏の臨時検疫許可を剥奪したのは、船内で岩田氏の感染症対策が気に食わなかった人物

ということだけがわかっています。

今回この動画が拡散された以上、この人物に関する情報が明るみになる可能性が高そうですね。また新しい情報が入り次第更新していきます。

岩田氏の告発動画を詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

岩田健太郎をダイヤモンドプリンセス号から追い出したのは誰?

追い出した人物は岩田氏の感染症対策にムカついた人物

感染症の分野においてプロフェッショナルである岩田氏がなぜ1日でダイヤモンドプリンセス号から追い出されてしまったのでしょうか?

上でも述べましたが、

岩田氏を1日で船から追い出したのは、岩田氏の感染症対策が気に食わなかった人物です。

なぜそうしたのか、それが誰なのか?は詳しくはわかっていません。

岩田氏の動画で詳しく確認していきたいと思います。

動画の内容まとめ

こちらが岩田氏がYouTubeに投稿した動画です。

ちょっと複雑な内容でもあるので、18日に何が起きたのかざっくりと順にまとめてみました。

厚労省から2月17日に連絡、環境感染学会として入ってもよいと許可がおりる

しかし環境感染学会は船の中には入れないと決定されたとにより、DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーとして感染対策で船に入ることに

18日朝「誰とは言えないが岩田氏が船に入ることに反対するものがいる」の連絡を受ける

DMATとして入れなくなる

感染対策の専門家として ではなく、DMATの職員の一員として入ることが条件に

DMATのチーフドクターから感染の仕事につくようにと言われたので、岩田氏は感染対策を行う

厚労省のトップに進言→聞く耳を持たれず

  • 同日17時頃、臨時検疫官としての許可取消しの電話が入る
  • 「誰かは言えないが岩田に対してムカついた人がいる、だから出ていくしかない」

と告げられる。

スポンサーリンク

大まかにはこのような流れですね。

岩田氏はアフリカのエボラや中国のSARSを経験されています。しかし、その中心地にいても自分が感染症にかかるといった恐怖はなく、

  • 自分が感染しない方法
  • 他のひとを感染冴えない方法
  • 施設の中でどのようにすれば感染が広がらないか

これらを熟知していたから恐怖は無かったと述べます。

しかしダイヤモンドプリンセスの中ではものすごい悲惨な状態で「心の底から怖かった」「COVID19に感染しても仕方ない状況だた」と語られています。

通常のウイルスから身を守るためには、

  • レッドゾーン(ウイルスがいるゾーン・防護服が必須)
  • グリーンゾーン(ウイルスがいないゾーン・防護服は必要ない)

このように区別して身を守るための対策が行われます。

しかし、ダイヤモンドプリンセス号にはこのような区別が全くされておらず、それどころか、検疫官やクルー、厚労省職員なども防護服の着用がないことに驚きだったとおっしゃっています。

こういった感染症ミッションには、必ず自分たち医療従事者の身を守るというのが大前提で、自分たちの感染のリスクをほったらかしにして、患者さんや一般の方々に立ち向かうというのは、ご法度、ルール違反なわけです。引用:https://www.youtube.com/watch?time_continue=64&v=W3X3RSmf7ds&feature=emb_logo

このように動画で語られています。

岩田氏は、「自分自信がウイルス感染を起こしてしまっても全く不思議でない」と述べ、現在は自分自身を隔離して、動画を撮影した場所(場所は不明)で待機している模様です。

ダイヤモンドプリンセス号について岩田氏が訴える問題点

岩田氏は動画で、ダイヤモンドプリンセス号の環境についてこのような問題点を訴えています。

  • 常駐している感染症対策の専門家→ 一人もいない
  • ときどき派遣される専門家が厚労省に進言→ 何も聞いてもらえない
  • 岩田氏が厚労省のトップの官僚に進言した時→ 嫌な顔・聞く耳を持たない・知らん顔・なぜここにいるんだ?と責められる
  • 正しい感染対策があるにも関わらず皆が危険にさらされている
  • DMATの職員から病院患者への感染が懸念
  • ダイヤモンドプリンセス号内の情報公開が行われていない

最大の問題点は、エキカーブ(?)のデータがとられていないこと。

院内感染が起きているかどうかをチェックするために行われるもので、発熱のオンセットを記録してつくる統計手法・エキカーブが必要とおっしゃっています。(ちょっと言葉が間違っていたらすみません><)

しかし、そのことを厚労省に伝えたがまったく改善されていない とのこと。

検査をしたPCRの日をカウントしても感染の状態はわからないし、院内感染が起きていることにも気づいておらず、対応ができていない。

岩田氏が追い出されてしまい、現在プロの感染対策をできる人はいないと動画でおっしゃっていますが、

これらのことが本当であれば、岩田氏を追い出した人物は一体何を隠そうとしているのでしょうか??

ダイヤモンドプリンセス号の感染者数が増える一方で、陰性の方々の下船が進められています。

こういうときは、感染症のプロの意見を聞くのが先決だと誰もが考えると思うのですが、一体なにが起きてしまっているのでしょうか…..

心配です。

まとめ

この記事では、岩田健太郎をダイヤモンドプリンセス号から追い出したのは誰?のテーマでご紹介しました。

現時点では、岩田氏の臨時検疫許可を剥奪したのは、船での岩田氏の感染症対策が気に食わなかった人物

ということだけがわかっています。

今回この動画が拡散された以上、この人物に関する情報が明るみになる可能性が高そうですね。

また新しい情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました